みんなで守る

2019/12/04 Wed 20:25

オレンジ、だいぶ群れに馴染んで来ました
でも、年齢差、体格差は なかなか越えられない壁




IMG_9124.jpg




それでも体力、筋力のあるピンキーは
倍の大きさに成長したオレンジと、相変わらずよく遊んでくれます

お互い唸ったり、歯を剥いたりしてるけど、ケガしてないのは
本気でやってない証拠





IMG_9123.jpg





ビンゴは一番の遊び相手、教育係として色んな事を教えてくれてます
オレンジがいないお散歩の時間は、ヤンチャ坊主に戻ってしまうけど
オレンジと一緒の時は、周りへの目配り、気配りをしながら相手をしてくれる
人間は何も教えてないのに、たいしたもんです





IMG_E9137.jpg





昨日、ピンキーとオレンジがふざけすぎて 寝ていたフルークの
気に障ったらしく、ソファから飛び降りて2頭を怒ったんです

フルークはピンキーに怒ったりしないから、メインで怒られたのは
オレンジだったのでしょう・・・「キャン!」と一声鳴きました
どこを痛がるわけではないので、脅かされただけだと思います

そしたらその声を聞きつけて、二階で昼寝していたビンゴが
階段を駆け下りてきたんですよ!
フルークの怒った声、オレンジの泣いた声で事情が分かったんでしょう
自分も散々フルーク兄ちゃんに怒られて育ったから






IMG_9133.jpg





フルークの事は怖いはずなのに、オレンジを助けなきゃ!って
思ったんでしょうか・・・ビンゴ、なんて立派なんだ (TOT)

驚いたことに、一緒にふざけていたピンキーも「怒らないであげて!」と
フルークに飛びついてたんですよ
ビンゴはお兄ちゃん、ピンキーはお母さんのつもりなのかな?

群れの力って凄いな、これが多頭飼育の醍醐味なんだよね(^^)
私はこんな時、黙って見てます 止めません

フルークは今回、すっかり悪者になってしまったけど
きっと他所の子からは、オレンジを守ってくれるに違いない
それは止めるよ、よその子にケガさせたら困るから (^^;)





未分類 | コメント(0)

涙のツボ

2019/12/01 Sun 20:06

週末、こんなものを作ってました↓




IMG_9014 (1)




100均のフレームを張り合わせただけの、多面フレームです
あ、これね スタンドタイプのフレームじゃ駄目ですよ 足が邪魔なんです
同じ色が8個しかなかったから、とりあえず8頭のゴールデンで作りました






P1210127.jpg





次は色を変えて、ゴル以外の10頭の犬と、猫バージョンも作成予定

縦横バランスよく貼り付けて、それに合わせた写真を選ぶんですが
膨大な写真があるので、探すだけでもちょっとした手間 (^^;)
写真を見てると、あっという間に時間が経ってしまう

「アローの縦写真がない!こんなとこまで、手かけやがって
相変わらず手のかかる奴だな・・・」なんて独り言いいながら 楽しんでるんですけどね






IMG_3222.jpg





そう、楽しんでるんです  そこに涙はないんですよ
当然 虹の橋へ行った子たちの写真もあるんだけど 「思い出して泣く」 という機能が
私には付いていないのかもしれない

古い写真を見て、楽しい、面白い事しか浮かんでこないのです
命日じゃなくて、誕生日を覚えていたい・・・って何処かに書いた気がするけど
それと似た心理かな?と思います






P1250995.jpg





「ゴーちゃんとエルサは一緒に寝てるかな?」
「みんなモネ姐さんに逆らってないか?ロッキーに従ってるか?ジャムさんは真面目に
やってるんだろうな」 「ウニたんは、アローのパッキン吸ってるかな?」
「ホーさんのマイペースっぷりは健在だろうか、きーちゃんはアメリのマネージャーを
また始めたんだろうか」 そんな風に考えたりはするけど、涙のツボは押されない






P6250001_201912011920216c0.jpg






それは冷たいだけなのか、また会えると強く信じているからなのか・・・
こうやって毎日、ドタバタ楽しい生活をしているからなのか・・・

この先も、この子達を思い出すときは ニヤニヤしながらだと思う
虹の橋でも、TAMAまたキーキー言ってるよ・・・って笑っててくれるといいな

今、一緒にいる子達の笑顔と 笑えるエピソードを大切にしよう
ビンゴなんて、爆笑する予感しかしないわ
親を泣かせない、孝行息子・娘ばかりだからね(^^)

未分類 | コメント(0)

初のフリー

2019/11/30 Sat 22:56

今日はオレンジを広場に連れて行って、初のフリーにしてみました
いつもより長い距離を歩いて、広場に到着




IMG_9026 (1)





いきなり走り出したりはせず、先輩達に混じって匂いのチェック
初めての場所は、知らない匂いがいっぱいだけど
心強い3頭が一緒なので、皆について歩きました






IMG_9022 (1)





「黒いお兄ちゃんも放してあげて!」 と、オレンジは言うけど・・・
それは無理だ (--;) 絶対に・・・






IMG_9050 (1)






広場に行かない日でも、私の散歩バッグにはボールが入ってます
それを知ってるフルークは、広場に着くなり「ボール出せ!」とバッグを鼻でつつく

ここでブラシでも出そうもんなら、ものすごく不機嫌な顔をされる






IMG_9043 (1)





ご機嫌でボール遊びをするフルーク 一度本気で怒られてから
フルークとは上手に距離をとるオレンジ 外でもそれは変わりません

ピンキーやビンゴとは、唸り声をあげながらワンプロするけど
フルークは特別  私たちの扱いをちゃんと読んでいるんですね(^^)





IMG_9031 (1)






遠くに離れることもなく、先輩犬を真似て遊べました
よし、オレンジ 合格だ(^^) 自由になってもTAMAから離れてはいけない
そこはビンゴ兄ちゃんを真似るんじゃないぞ(笑)






IMG_9039 (1)





あ・・・それから その黄色いボールは 盗るんじゃない・・・
TAMAが見てないところでやったら、間違いなく丸いお兄ちゃんに咬まれるよ

12月にはドッグランデビュー予定、これなら安心して遊べるね
未分類 | コメント(0)

映画備忘録8

2019/11/25 Mon 21:51

オレンジの育児に追われ、以前より映画を見てる時間が減った・・・
ま、仕方ないですね  子育てなんて、少しの間の事ですから

それでも合間をみて、気になる映画は見ています





saikou (2)





「幸せなひとりぼっち」 主人公は頑固な独居老人
妻に先立たれ、子供もいなくて、猫の面倒を見ながら暮らしているんだけど
年齢や人種関係なく、ご近所さんが なんとなく見守ってくれてる

老人の過去には色んなことがあって・・・(それは誰にでも起こり得ることなんだけど)
彼を頑固にしてしまった でも生真面目過ぎただけだと周囲は理解しています
それはタイトルどおり、ひとりぼっちでも幸せな事

独居老人・・・他人事ではない・・・それが怖い (--;)









saikou (1)





「最高の人生の見つけかた」 日本でリメイクされたようですね
吉永小百合&天海祐希 の女性版として
余命宣告されて、残された時間をどう生きるか・・・って話


なんでしょう・・・苦手な人の生き様を描いた映画を、立て続けに見てしまいましたが
私は我慢しない性分なので、やり残してる事は少ないかもしれないな
できる範囲で、犬猫と暮らしている今の責任を果たしてから 虹の橋へ逝かなきゃね






saikou (3)





血の繋がりなんか全くなくて、ほとんど小さな犯罪で生活している家族だけど
こんなに仲良くやってるんだから、放っておいてやればいいじゃん・・・って思った

私はこんな風には暮らせないけど、知ってても放っておくと思うな
未分類 | コメント(2)

ご機嫌いかが?

2019/11/22 Fri 18:52

フルークの事が、気になって仕方ないんです

アメリがいなくて寂しくないか?お散歩は楽しんでるか?
オレンジの事を、いつ認めてくれるのか?痛いところはないか?
痒いところはないか?





IMG_8900.jpg





こんな顔されたら 「ど、ど、どーしたの?!」 と駆け寄ってしまう

寝ているわけでもなく、目を開いて暗闇からこちらを見ていたりすると
「フルークが沈んでるから、散歩行ってくる!」と、夜遅くに散歩する園長
「フルークが元気ないから、ドライブしてくる!」と、コンビニまでドライブする園長
「そうしてやって!行ってきて!」と送り出す私






IMG_8864.jpg






お散歩中も、なるべくフルークが行きたい方へ歩いてしまう
公園で 「水飲みたい」 って言われれば、駆け足で水道へ行く

ワガママに育ててしまったからね・・・アメリとフルークは(--;)
今さら直す必要もないと思ってるから、フルーク贔屓は止まないと思います






IMG_8851.jpg






食べることが一番の楽しみであるフルークに、こっそりオヤツをあげたり
パンをあげたりしてる結果、下痢しちゃうっていうね・・・ダメダメ飼い主






IMG_8873.jpg





だって、フルークにはいつでもこんな顔していて欲しいじゃないですか
ストレスなく生活して欲しいんですよ
先代モネがご長寿だった理由は、父がモネをストレスなく育てたからだと
私は思っているんです

そんなわけで、王様フルークのご機嫌伺いは これからも続く
未分類 | コメント(0)
 | HOME | Next »