猫の幸せ

2013/06/01 Sat 11:55

実は、ヒヨがまた家出しています、今日で4日目。
鍵が甘かった一ヶ所の窓を開け、ナッツも一緒に外に出たようです。

ひよは前回無事だったという事実があるので、今回心配だったのはナッツ。
天気も悪いし、一緒にいればいいけど・・・と思ってましたが、
2日目の早朝にナッツだけ戻ってきました。







ヒヨが帰ってきてから、窓や扉に様々な工夫をして開かないようにした。
少しくらい暑くても留守中や夜は窓を締めきって、犬達に我慢してもらってた。
ひよの居場所を作ろうと、ベッドを買い、寝る場所を変えたり家具の配置を変えたり
ヒヨが家でストレスなく過ごせるようにと気が付いたことはやったつもり。


それでも連日連夜の、外に出してコールは全く治まらず
空いている窓を探し歩き、ちょっとの隙を狙うヒヨ。こちらも窓やドアの開け閉めには
ピリピリしていた。盛りのついたような声を出すので家の中は終始落ち着かず、
他の猫達にも影響が出ていた。




001.jpg



仲良しだったはずの子達が、唸りあって喧嘩をしたり
自分たちの水飲みや、お気に入りだったはずのベッドにオシッコをしたり。
犬達だって、朝晩問わずヒヨが鳴くので眠れなかったはず。

私も探し回った4週間の生活が蘇り、叱り飛ばすこともあった。
「どうしろって言うの?!」とイライラしたし
あんな思いをするならヒヨが家の中で、目の届く場所で死んだほうが楽かも・・・
とまで考えたり。




007_20130601105000.jpg



そんな矢先のヒヨの家出。溜まりに溜まったストレスを発散したら
帰ってくるでしょうか?でもまた出ていくんだろうな・・・
外に居場所を見つけたのか、外猫として暮らしていける力をつけたのか。
そんなヒヨを家に閉じ込めるのはどうなの?

ノアという猫を交通事故で亡くして以来、猫は絶対外に出さないと決めていた。
保護猫を里子に出す際にも、里親さんには室内飼いを約束してもらった。
それが一番だと信じて疑わなかったけど、違ったの?
どうやってでも外に出たがるヒヨを見ていて、分からなくなった。



幸い環境には恵まれているから、ノアの二の舞いはないだろう。
その反面、完全な外猫になってしまう可能性も大。
外に出ても、すぐ戻ってくる子とそうでない子がいる。
ナッツは帰ってきた後、外に出たがる様子はない。楽しくなかったんだな(^^;)



002_20130601104958.jpg



今回は心配よりも淋しい気持ちの方が大きい。ヒヨは皆で暮らすこの家より
外を選んだって事でしょ? ヒヨの幸せはここには無かったのかな?
気にしてはいるけど、前みたいに探してはいない。
だって迷子じゃないし、見つけて連れ戻してもまた同じ事だろうから。

念のため、トイレの砂は撒いてるけどね。
前と同じ所に行っていれば、また連絡をくれるだろうし首輪もしてる。
帰りたくなって、帰ってくれば良いと思いながら待ってる。
不良娘を待つ親の気持ち、今わかったよ母ちゃん(←遅すぎ)
未分類 | コメント(10)
 | HOME |