あんこ

2017/08/08 Tue 23:33

お世話になってる、動物病院の看板猫「あんこ」が虹の橋へ行ったと
院長から連絡をいただきました。

享年19歳と3ヶ月
19年前、あんこは動物病院のまわりをウロウロしてました。
まだ小さくて、兄弟らしきも見当たらず、いつも一匹でいたように思います。










当然人にも慣れておらず・・・(ーー;)
一緒に働いていた、Yさんと何とか捕まえたいね、と話していたところ
庭にあった花の温室で雨宿りしているのを発見!
まず温室の扉を閉め、Yさんなんと手づかみで捕まえました
後にも先にも、野良猫を何のオトリも使わず素手で捕獲したのは
この時だけです。

その後、「あんこ」と命名。 病院で暮らすようになりました。
仔猫だから、慣れるのも早かった(^^)
お返事も出来る、小柄な美猫に成長しました。






IMG_3496.jpg





院長の自宅へも自由に出入りし、時々はお外にも出たりして、
サンプルフードを勝手に食べたり、オヤツで太ったりしながらも
皆に可愛がられた19年3ヶ月。

最期はちゅ~るを食べて、頭を撫でられながら静かに逝ったそうです。
ウチの子を連れて病院へ行くと、いつも院長の椅子に座ってたあんこ。
おばあちゃんになっても、呼べばお返事してくれたあんこ。
もう院内を探しても会えないのは淋しいな・・・

あんこを捕まえた雨の日から19年も経ったのか・・・
またね、あんちゃん。
最初から最期まで、可愛くて立派な看板猫だったね。
未分類 | コメント(3)
 | HOME |