それぞれの反応

2019/10/16 Wed 20:00

ちびっ子怪獣・オレンジ 日に日にパワーアップしております
相当ヤンチャな、大型新人











犬って何故か、自分ちの家族になる子と そうでない子が分かるんですよ
保護犬を迎えたり、預かったりしていて気がつきました
言葉を理解しているのではなく、私の出してる空気感を読むんでしょうか

ウチの子にはルールを教えるけど、預かりで里親募集する子には
あまり関わらない 不思議です





IMG_8034.jpg





インスタやFBには、ほのぼのした写真を載せましたが
実はフルーク、こうです・・・↑





IMG_7699.jpg





ナナとデイジーも、自分より大きな赤ちゃんにとても厳しい(^^;)
しつこいんですよ、オレンジも ちょっと怒られたくらいじゃメゲません
遊んでるかと思って、追いかけて行きます

チップ・ラニ・キューピーは2階にいるんだけど、叱られる事を理解するまで
一緒には出来ないな・・・サイズとチカラが違いすぎて、事故になる





IMG_7686.jpg





サイズがあまり変わらず、体力も筋力もあるピンキーはお母さんのような目で
見てくれてるみたい(^^)

 尖った歯で噛まれても適当に避けたり、じっとしてたり
ちょっとやそっとじゃ怒らない 本気出したら、まだまだピンキーの方が強いのに
オモチャで遊ぶオレンジを、少し離れて見ていたり
同じサークルに入って寝てたりもする

ピンキー偉いね、ありがとう





IMG_7750_2019101500530615d.jpg




テンション高くて合うんじゃない?! と期待していたビンゴもこのとおり↑
遊んでやる気はないらしく、オレンジをサークルから出すと2階へ逃げていく
「なんだよ!ビンゴ!遊んでやれよ!」って言っても 「やだね!」って感じ

アイビーは足が不自由になってしまったから、近くに来てしつこくされたら
唸るけど、以前のように噛んだりしない 喧嘩屋は卒業したらしい




IMG_E8022.jpg



フルーク・・・その顔、エイリアンみたいだな・・・(ーー;)




未分類 | コメント(0)

モンキーDルフィ島

2019/10/15 Tue 00:41

ラピュタと同じ猿島なんですが、期間限定で「モンキーDルフィ島」「宴島」に
なってました。横須賀の町も含めて、夏休みからスタンプラリーやってるみたい
もうすぐ終わるけど・・・



IMG_7936.jpg



船乗ったらルフィや、ナミの声でアナウンスが入ったり
窓にも麦わらの一味が描かれていたり・・・

乗ってるのも子供はもちろん、ワンピースヲタクのオジさん・オバさん
まぁ、私もそうなんだけど 今回はラピュタのつもりで行ったから
スタンプラリーはしてません




IMG_7960.jpg





島のあちこちに、キャラのフィギュアがあって
「ラピュタにチョッパーいる!」 と、写真を分けなきゃもうグチャグチャ(笑)

コスプレーヤーの方もいました(3人の女子)
寒くて、小雨が降ったりしてるっていうのに、ルフィはこの格好
サボは良かったね・・・




IMG_7973.jpg





キャベンディッシュとか、バルトロメオがいたところを見ると
ここはドレスローザの設定なんだな だったらコラソンにいて欲しかった
ゾロと写真を撮ったけど、シャンクスがいなくて残念・・・
あ・・分からない人、すいません(^^;)

やっぱここは、ワンピースファンの人と行ったら楽しかったかも
チョッパー見て「アレなんだっけ?」なんて言ってる園長じゃダメだわ




IMG_7983.jpg




猿島見学の後は、相変わらず閑散とした ドブ板通りで、
ネイビーバーガー・海軍カレー・チーズケーキ の3点盛りを食べて






IMG_7989.jpg




何屋さんだか分からない、店員さんもどこの国の人か分からない
怪しいお店を見て帰ってきました

台風後の影響か、高速空いてたよ~♪






未分類 | コメント(0)

天空の城ラピュタ

2019/10/14 Mon 00:18

ジブリの「天空の城ラピュタ」が大好きです
ジブリアニメには、似てる場所がある!って情報が世界中にありますね

「千と千尋の神隠し」は台湾だったり、「もののけ姫」は屋久島だったり
これくらいならね、ちょっと無理したら行けそうなんですが
ラピュタは、マチュピチュとか、カンボジアて・・・行けねーよ・・・(ーー;)

ところがすぐそこにもあったのです!ラピュタの世界が











それは横須賀の海に浮かぶ 「猿島」
軍艦三笠の隣から出ている船に乗って10分

住んでる人はいませんが、観光地としてレストランとかBBQ場とかトイレもあります
夏は海水浴もできるんだって





IMG_7944.jpg





東京湾を守るための、要塞が残っている島です





IMG_7971.jpg




栄華を誇った時代から、長い年月が立ち 今は自然と一体化している
まさにラピュタのストーリーと同じ




IMG_7954.jpg




島の中には、入っちゃいけない場所もあって全部見て歩いても1時間くらいかな
階段は相当キツイです・・・(ーー;)
そして動物は船に乗せちゃいけないらしいので、犬は連れて来れません

「あの地平線~♪輝くのは~♪」と唄いながら歩きました
もういっそのこと、ラピュタにしちゃえば人も集まると思うんだけどね

未分類 | コメント(0)

Orange

2019/10/12 Sat 16:16

10月某日、アメリロスで死にかけてる園長を連れて 私は静岡にいました




IMG_7619.jpg




首都高渋滞を抜け、お昼ご飯も食べず、20年振りに向かった先は・・・





IMG_7584.jpg





富士山の麓にある ケンネル
ロッキー・モネ・アロー の先代ゴールデン、3頭を迎えた場所です

20年という時間が経ったけど、スタッフさん、獣医さん、皆さん変わりなくてなにより
数日前に電話を入れ、アメリロスの事情を話し、何とかしてくれ!と押しかけたのです

生後2ヶ月のゴールデンがいることは確認済み
でもその子は、社長が「ケンネルに残す」と言って、人には譲らないはずの子でした
「ふ~ん、とりあえず行くよ」 と、拐う気満々で参上(笑)





IMG_7597.jpg





いたいた! 7月22日産まれの 女の子(^^)
「あんたが来るんじゃしょうがない・・・」と、シャンプーしておリボン着けて待っててくれました

先代3頭、それぞれを迎えた日のことを、私は鮮明に覚えています
きっと今日の事もずっと忘れない
仔犬を抱いた時の、園長のクシャクシャな笑顔も忘れない(笑)






IMG_7603.jpg





念のため言っておきますが、ここは私が保護した子達がいたような繁殖屋ではありません
色んな犬種が何百頭もいるけど、清潔な運動場付きの犬舎で管理されていて
社長が気に入らなければ、お金を積んでも犬を渡しません

犬舎歴も長く、第一回目のドッグショーから参加していたそうで
流行ってるからとか、儲かるからとか、そんな理由で犬を扱っているところではないのです

今は猫も増えていて、世界一になった子も社長の部屋にたくさんいました
あ、出迎えてくれた子は 社長のお座敷グレートデン ゼウスくん(^^)





IMG_7787.jpg






アメリがいなくなって間もないのにとか、保護犬はどーした?! とか思う人もいるだろうけど
構ってるほど暇じゃない ちびっ子怪獣・オレンジ に振り回されるのが忙しくて、楽しくて♪
私の軸はゴールデンなのでね 

それに自分の年齢を考えたら、仔犬を迎えるにはギリギリなんですよ
保護だろうが、なんだろうがね 思ったとき、出来る時に即!
ゆっくりペットロスに浸ってる余裕はないのです

男の子?! ってくらいヤンチャな オレンジ 
ワイルド女子アメちゃんから頼まれて来たのかも どうぞよろしく (^^)





未分類 | コメント(2)

お誕生日おめでとう

2019/10/11 Fri 14:23

今日はアメリ&フルークの9歳のお誕生日

みんなでお祝い出来るよう、分けやすいロールケーキを用意しました
美味しい空気はしっかり読めるフルーク、自分のだって分かってます










姿は見えないけど、アメリも隣で鼻をくっつけてるはず(^^)
大好きなフルーツが乗ってるからね






IMG_7533.jpg





この写真、ヨダレはちょっとアレだけど・・・私の携帯の待ち受けになってます

拡大してみると、アメリの目の中に私がちゃんと写ってるから(^^)
この顔で近づいてきて、私の服でヨダレを拭く・・・ それがアメちゃんなのです





IMG_7725.jpg




うっかり下を向いたら、涙が出てしまいそうだけど
虹の橋にいるアメリを 「雨降り地区」 へ行かせるわけにはいかない

アメリは先に空へ行っただけ、きっとまた会える(^^)

フルークにはアメリの分まで長生きしてもらわないとね


未分類 | コメント(2)

あと10日

2019/10/05 Sat 00:37

アメリ、あと10日で9歳でした

胴胎の姉弟、アメリ&フルークがやってきたのは生後2ヶ月弱、
8年前の事です

そっくり過ぎて、ポイントをおさえてないと見分けがつきませんでした
写真になると更に分からない(笑)








ずっとゴールデンの2頭飼いをしてきて、3代目のアローが亡くなり
保護犬として迎えた、ジャムとチップが残され・・・

寂しくて寂しくて、まだワクチン終わってないっつーのに
「分かってるし、自分でやるからいい!」と強引にブリーダーから連れてきたのです




730_201910042301369b6.jpg




アメちゃんは活発で、身体もフルークより一回り大きかった
信じられないことに、フルークのゴハンを横取りしてた
ちょっとした段差を先に超えたのもアメリ、自己主張を強くし出したのも
アメリが先だった フルークはそれを見て真似してた
でも、トイレが完璧に出来たのはフルーク アメリは適当だった(笑)

2頭の様子を見ていて「あ~アメリがお姉ちゃんなんだな」と分かりました





554_20191004230139065.jpg




8年間、このガウガウは止まなかったね↑
こんな顔してても本気じゃないから、どちらも怪我をしたことがない

同じ月齢の子を2頭で飼うって、大変そうだけど大変じゃない
お掃除の手間は2頭分だけど 大切なことはこちらが何も教えなくたって
勝手に学んでくれる  咬まれたら痛い、一緒にいると暖かい、
お留守番も寂しくない、なんでも一緒にやると楽しい、遊びのルール、などなど





806_20191004230135672.jpg




性格は随分違っていて、叱られるとアメリは即効で逃げるタイプ
フルークはその場でへそ天になり、ごめんなさいのポーズ

アメリはフレンドリーで、他の犬とも遊んだし 知らない人にもすぐ懐いた
フルークはアメリ以外とは遊ばず、知らない人には近寄らなかった

成長とともに各自のペースを掴み、重なり合って眠ったり 1日中ガウガウする事は
無くなったけど 別々に思い出すことはできない 一緒が当たり前だったから




576.jpg





アメちゃん、TAMAね 一緒に動き始めた ふたりの心臓が、一緒に止まるといいのにって
ずっと前から思ってた。 そしたらどちらも寂しい思いをしないでしょ?
ここにいる時間は寂しい思いなんか、したことないでしょ?いつも一緒にいたもんね

だからフルークにだけは、姿を見せてやってくれないかな?フルーク、友達いないじゃん
フルークのボールを奪い取れる子、アメちゃんしかいないんだよ
11日のお誕生日には、ちゃんとアメちゃんのケーキも用意するからさ

お願いすることは、フルークを見守って欲しい! それだけだから・・・
頼むね、アメちゃん 

未分類 | コメント(0)

悲しみの重さ

2019/10/04 Fri 00:17

朝起きて、仕事へ行って、家事をして、ご飯を食べて・・・と
いつものように暮らしていますが、1個足りない食器、買い過ぎたオヤツ、
お散歩で1本足りないリード、ぽっかり空いたスペースを見ては
あぁ・・・アメちゃんいないんだな・・・とぼんやりしてしまう
いるのが当たり前だった時間が長い子が、逝ってしまった後は特に




DSCN9173_201910032234480e1.jpg





昔から泣くのが下手くそで、本当に悲しいときはあまり涙が出ない
ガマンしているわけじゃないけど、そんな体質

この気持ちを味わっているのは、家族みんな同じだと思う
悲しみの重さは測れないし、測る必要もないんだけど・・・




IMG_7568.jpg





産まれた時からずっと一緒に育ち、アメリにだけは頭が上がらなかったフルーク
隣室からチラチラ様子を見に出てくる、ラニ&キューピー
アメリの横で、正座するように座っていたデイジー






IMG_7564.jpg





動かないアメリに、動かない後ろ足を一生懸命引きずって寄り添うアイビー
ベッドの中から微動だにもせず、アメリを見つめ続けるピンキー
アメリを車で送り出すのを、ベランダからじっと見ていたチップ





IMG_7567.jpg






アメリを横目で見ながら、そっと通り過ぎるナナ、遠くの何かを探しているビンゴ
夜中に降りてきては、優しい大きな犬を探している猫たち
寝てはいけない時間に、脳が現実逃避して眠りにつきたくなってしまう私

それぞれに、アメリの不在を受け入れようとしているんだと思う

悲しみに順番なんてあるものじゃないけど、ダントツ1位はハッキリしている





IMG_7580.jpg





アメリがパパの帰りを待てないと判断して、テレビ電話をかけた
「アメちゃん!パパだよ!」と何度も呼びかけると 普段は電話の声には反応しないのに
アメリがパパの写っている画面を見た 「分かったよ」という合図のように

その数分後、アメリが逝ったとラインしたら 「アメちゃん、逝っちゃったのか?!」と
電話がかかってきて、最期の様子を伝えると
。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん  て、子供のように泣き出した

ちょ・・どこで泣いてるわけ? 仕事中だよね?とこちらが焦るほど
アラ還のスーツ着たおっさんが、電話握りしめて号泣してたら
見ている人はドン引きするだろう 通報されるかもしれない

だけどパパにしてみたら、初めて仔犬から 大切に大切に育てた我が子
自分が産んだかと思うほど可愛いと言っていたから、無理もないだろう

とは言え、アメリが心配しないように、しっかりしてもらわないと
更に強くなった、フルーク依存性をどうやって和らげようかと考え中
 








未分類 | コメント(0)

奇跡の子

2019/10/03 Thu 01:35

10月1日15時23分私の宝物、アメリが虹の橋へ旅立ちました
(日本中が増税にがっかりした日だけど、そんながっかりどころじゃないです)

6月に血管肉腫が見つかり、手術後余命1ヶ月と宣告されてから3ヶ月半

ワンワン吠えて、グイグイ前に出て、自己主張をするようになったアメリを
「どうしちゃったの?」と、嬉しい気持ちで毎日笑いながら見ていた





IMG_7548.jpg



ところが9月29日の夜、突然ぐったりして嫌な予感がしたけれど
翌朝にはまた元気良くご飯を食べ、夕方はいつもの河川敷へお散歩に行った

フルークと走り回ることはなかったけど、いつものように勝手にフラフラ歩き回り
呼べば小走りに戻ってくる (↑これはその日の写真です)
「昨日のは何だったの?まさか仮病?!」 と思わせるような1日でした





IMG_7553.jpg


でもその日は、アメリがくれた奇跡の1日だったんですね
(最後に見せてくれた最高の笑顔↑と、寝てない私の弛んだ目)



10月1日の朝ゴハンのあと、また突然ぐったり・・・
一度は仕事へ行ったけど、どうしても気になってすぐに帰宅

数時間をいつものように、お昼寝しながら過ごしているうちに、立ち上がれなくなり
呼吸が浅くなり・・・もう私に出来ることは、アメリを抱いて安心させてやることしかない

「大丈夫だよ、TAMAここにいるよ、ずっとアメちゃんと一緒にいるからね」と繰り返し
思い出話もたくさんして
「アメちゃんはTAMAの宝物だよ、これからもずっとそうだよ」と、身体中を撫でまわし
泣かないようにニコニコ笑って、頑張れは言わないように、腕枕して添い寝して・・・
アメリもそれに応えるように、私の目を見ていた

最期に 「エルサとゴーちゃんが来たら、一緒に行くんだよ ジャムさんもいるから」
と、笑顔で送り出してやれた
本当に驚くような安らかさで 「ちょっと寝るわ」って感じの静かな旅立ち
私とアメリだけの時間が流れていたと思う

アメリは何度も何度も 奇跡を見せてくれた
頭が良くて、優しくて、私が笑えば一緒に笑ってくれる子だった

実際は、大きな喪失感に包まれているけれど、
他の子達をこんな気持ちにさせたくない という一心で
なるべく普通に 普段通りに今を過ごしている
たぶんバレてると思うけど・・・



アメリを可愛がってくれた皆様、私はちゃんと送ってやれたと自負しています
色んなお気遣いをいただき、ありがとうございました
アメリの嬉しそうな顔だけ、覚えていてあげてください













未分類 | コメント(0)
 | HOME |