Dog nap





フーくんの神隠し :: 2020/02/21(Fri)

これは朝の写真ですが、帰宅時もこうやってお迎えに出てきてくれる
フルーク・ビンゴ・オレンジ

いや・・帰宅時はもっと激しいな(^^;) オモチャ咥えて、雄叫びあげて
尻尾をぐるぐる回して出てきて、ピョンピョン飛びつく
そのままビンゴにリードを付けて、WCタイム 3頭を庭に出します










それなのに、今日はフルークが出てこなかった
寝てるのかな? と、玄関から何度か呼んでみたんだけど・・・出てこない・・・!

一瞬にしてパニックに陥る私
「フルーク!フーくん!」と靴を脱ぎ捨て、ビンゴとオレンジをかき分け家の中へ





IMG_0818.jpg




1階の台所、リビング、和室、ドアを開けながら 「フルーク?! フルーク?!」 いない・・・
「ビンゴ!お兄ちゃんどうした、どこ行った?!」 「パパどこに隠した?!」 と、園長に
濡れ衣を着せながら、階段も覗き込む

「フーくん! フーくん! どこ行った?!」 と、大声をあげながら
狭い家ですのに走り回った 興奮したオレンジも一緒に・・・

泣きそうになりながら、再度和室を見たら・・・いた・・・





IMG_0431 (2)





しかも私が勢いよく開けっ放しにした、ドアの後ろに・・・(--;) ニコニコ顔で・・・
隠してたのは私だった・・・

フルークが出てこようとしたタイミングで、ドアを開けてしまったらしい







DSCN0844.jpg

じゅら様 特別出演




その後「あービックリした」を何十回も口にしながら、掃除・洗濯・園長に報告
ほんの少し姿が見えなかっただけで、この有様・・・迷子の3歳児か、私は・・・

当たり前の日常なんかないって、何度も書いてるくせに 全然ダメ (--;)
フーくんも黙ってないで返事くらいしてよ、もう!
  1. 未分類
  2. | comment:0

じゅらママ :: 2020/02/20(Thu)

2月18日 15:50 15年一緒に暮らした じゅらが虹の橋へ旅立ちました
そして今日、身体も空へ送り出しました

お別れの準備を始めてからも、水を飲んで、ペースト状のフードも舐めて
私が通院、園長が早退してくる日を選んで逝きました










二人が帰宅するのを、ちゃんと待っていて 膝に抱いて撫でていると2回鳴きました
声は出なくなっていたはずなのに、呼びかけにちゃんと応えてくれました





P6230126_202002202114111b9.jpg




じゅらは、私が初めて一緒に暮らした猫
仔猫3匹と一緒に、箱に入れられ、捨てられていたのですが
自分は箱から出られるのに、仔猫を守るように箱に入っていたそうです
その中で、里親希望がなかった娘と一緒にウチにやってきました

真っ白で小さくて、性格も良く、順応性の高い子でした
じゅらが最初の子だったから、次々と保護猫を迎える気になったんだと思う





P1140056_20200220211409641.jpg





犬も一緒に暮らす15年の間に、性格も体格も 貫禄が出てたくましくなりました
新しく迎える保護っ子達、どんな子でも受け入れてくれました

4回の引っ越し、どんどん増える新しい家族(^^;)
その中で 手を煩わせることもせず、病気もせず、問題も起こさない
寝る時には寄り添って、ゴロゴロゴロ・・・と心地好い音を聞かせてくれる

じゅらは私のお母さんでもありました




P1030877.jpg




目が覚めたとき、この顔が横にないのは寂しいけど
「また一緒に暮らせるからね、向こうで待ってて みんなによろしくね
立派だよ、じゅら ありがとう」 と、伝えたいことは言えたと思う

こんな風に送り出すことが出来て、それをさせてくれて、安堵しています
どの子よりも長く一緒にいてくれた 最期まで立派だった じゅらママ
15年間、私の面倒見てくれてありがとうね


  1. 未分類
  2. | comment:0

映画備忘録11 :: 2020/02/19(Wed)

寒かったり、暑かったりすると 出かけるのが嫌で
本を読んだり 映画を見たりする時間が増えるのかもしれない

最近ハイペースで映画を見てます
本はね、今年100冊読もう!と目標を立て記録してますが、まだ9冊・・・





img_695b2e018b3343d90dc1e25cc83c62c01533729.jpg




「タクシー運転手 約束は海を越えて」 1980年に韓国で起こった 光州事件の実話
カッコいい人なんか、一人も出てないところが 実話っぽくて良い

事件を世界に伝えた ドイツ人記者と、彼を乗せて事件を目の当たりにした
タクシードライバーの話なんだけど 最後にドイツ人記者本人が出てきて
「会いたい」と呼びかける でもこの時のタクシードライバーは、結局名乗り出なかった
二人は再開することなく 記者は亡くなったそうです 

映画みたいな、感動的な再開はないです 実話ですから







8100 (1)





数々のショーをとった 「ムーンライト」 も 恐怖映画としてアメリカでは人気だったという
「IT それが見えたら終わり」 も 島国日本の私には理解できなかった

黒人の貧しく危険な生活も身近には感じられないし、知らないことも多い
それにピエロって怖い?どんな役であっても、見た目ピエロだよ?! 顔塗ってるんだよ?
私はやっぱり、日本のお面の方が怖いと思うな 
ナイフ持って追いかけてくるピエロより、呪いとか祟りとかの方が不気味で嫌
逃げられない気がする アメリカの恐怖のツボが分からない







134090 (1)





ジョントラボルタが、環境汚染で犠牲を出した 企業を相手に立ち上がる弁護士を演じる
「シビル・アクション」 この弁護士のモデルは実在するみたい

ジョン・トラボルタって、何に出てきても 「サタデーナイトフィーバー」のイメージが強すぎて
「ダサかったな・・・あれ」って印象で終わっちゃう(^^;) すいません、こんな感想で










158560_02.jpg




「ミッドナイト イン パリ」 面白かった(^^)
パリってどんな時代でも絵になるんだな 芸術の街って本当だなって思った

1920年にタイムスリップして、ヘミングウエイやピカソが出てきたり
もっと前の時代にも行って、ロートレックやダリが出てきたり(笑)
どの時代の登場人物も「昔は良かった」と思っている その時代に生まれたかったと言う
私が昭和を懐かしむのと同じかな(笑) それより前は嫌だよ、戦争ばっかりで貧しくて
犬や猫と一緒に暮らせない時代は嫌だ ←結局そこ




  1. 未分類
  2. | comment:0

キナリ3ヶ月 :: 2020/02/17(Mon)

キナリくん、今日で生後3ヶ月です
この世に産まれて、まだ3ヶ月 そう考えると犬の成長は早いなぁ・・・と実感

こんなに早く成長して、私たちを追い抜いて行ってしまうのだから
犬猫との生活は、1日も無駄に出来ないです











「キナリー!」って呼ぶと、ニコニコ顔で走ってくるようになりました
それを迎える園長の顔ったらもう・・・デレデレ過ぎて見せられません(笑)

やらかしてくれる事によっては、呼び名が 「ウンコマン」 になったり 
「こつぶ」 になったり 「クソ坊主」 「チビ太」 「キー坊」 などなど、忙しい





IMG_1277.jpg





それでも自分の事を言われてると分かる、犬の不思議

オヤツにつられて・・・ですが、お座りも出来るようになりました
「お座り」 「お手」 とか、躾には必要ないという意見もあるけど
いったん落ち着かせるという意味で、お座りは必要かな・・・と思います
アイコンタクトの、初めの1歩として 私は教えてます





IMG_1377.jpg





これから覚えることも、経験することも、山ほどある
そのたくさんの事が、キナリを作っていく
出来るだけ楽しく、喜んで、色んなことを知ってほしい

同じように褒めても、同じように叱っても、受け止め方がそれぞれ違うと感じる
それは持って産まれた性格なのかな?
性別によっても少し違うかな? キナリはどんな性格なんだろう?と今は観察中

とりあえず、フルーク兄ちゃんに認めてもらうのが1番だけどね








  1. 未分類
  2. | comment:0

優しい時間 :: 2020/02/16(Sun)

じゅらが、旅立ちの準備をゆっくり始めたようです
今までにないほど穏やかに、少しずつ・・・










空へ行くための羽が生えてきたのだと思います
仔猫のように軽くなりました

痛み、苦しみは全くないようで 抱っこすればゴロゴロ言うし
好きな時間に、好きな場所で、好きなだけ寝ています




IMG_1319.jpg




数日前から気付いていましたが、ヨロヨロしながらも庭の見える場所にいたり
元気な頃そうしていたように、ベランダから屋根に降りて、私の帰りを待っていたり
ラニのベッド、デイジーのベッド、キナリのサークル、高い場所は無理ですが
家のあちこちに移動して、ひとつひとつ 確認するような行動をしています





IMG_1323.jpg

↑これは庭を見ているじゅら 私が帰ってきたらここにいたので外から写真を撮りました



目はよく見えていないかもしれないけど、耳は聞こえていてボケてもいない
「じゅら」って呼ぶと、こちらを見るので 意識はしっかりしています

昨夜は数年ぶりに(?)園長のベッドで一緒に眠ったそうです
いつも園長と一緒に寝ている、フルークとオレンジも ちゃんと何かを感じていて
じゅらの邪魔をしないよう、ベッドには来なかったそうです





IMG_1357.jpg




もちろん、2階にいる時だって じゅらの邪魔をする子はいない
皆でじゅらを囲むようにしている 仲良しのラフはじゅらの毛づくろいをしてくれてます

家族の中で、一番付き合いが長いじゅら
私に心の準備をする時間をくれているのだと思います
じゅらは、何頭も、何匹も送ってきた私の姿をずっと見ているから
あんなに悲しまないように・・・と、この時間をくれている気がする

「じゅら、ありがとうね」と、じゅらの耳が聞こえるうちに 何度でも言おうと思う
  1. 未分類
  2. | comment:0

ドッグショー2020 :: 2020/02/15(Sat)

毎年3月末に開催されている、JKCのドッグショーで 大袋のおやつと
お安くなってるオモチャをまとめ買いするのが TAMA家、春のイベントでしたのに
今年はオリンピック開催のため、ビッグサイトが使えず ショーは中止だそうで・・・

出店もある大きなショーは、パシフィコ横浜で開催されると聞き
慌てて行ってまいりました
激しい2頭がいるので、頑丈なオモチャは必須なのです





IMG_1226.jpg





1日だけの開催だというせいなのか、コロナウィルスのせいなのか、
今までになく、閑散とした会場・・・(--;)

なんとなく寂しい感じもしますが、欲しいものを探すには丁度良かった





IMG_1222.jpg





いつもは混雑していて、お店の奥まで入るのもタイヘンなのに
空いてるおかげで、今まで見ることもしなかったお店まで廻ることが出来ました





IMG_1218.jpg





欲しいものは決まっているんだけど、犬関係のモノは見るだけで楽しい






IMG_1231.jpg





ショードッグたちも、熱気ムンムンの会場より過ごしやすかった事でしょう

目が行くのはやっぱりゴールデンと、グレートデン (^^)
あ、ちょっとオレンジに似てる でもオレンジのが可愛い





IMG_1234_20200216223038887.jpg





すぐ壊されてしまうオモチャもね、100均で買ったりもしていたんですけど
アウトレット商品とはいえ、やはり犬用に作られたものは丈夫にできてるみたいで
同じようでも、もちが違うんですよ

オヤツは、大型犬用と小型犬用が必要だし
お散歩メンバーが変わるので、リードの長さも変えました(歩きやすいように)





IMG_1382.jpg





アメリ&フルークはいつもお揃いだったけど、お下がりをオレンジ&キナリに使わせて
フルークには園長が「これがいい!」ってリードを買いました

パラコートリードって、持ち手が硬くて手が痛かったけど これは柔らかい!
編み方のせいかな? 出店してたのは静岡のドッグママってお店だそうです

皮より丈夫で水にも汚れにも強いパラコートリード
色もカラフルなものがたくさんあったし、長さや太さも選べるのでオススメですよ
  1. 未分類
  2. | comment:0

映画備忘録10 :: 2020/02/13(Thu)

うっかり見た(?)映画が面白かったってこと、ありますよね?
TVでやってたから、なんとなく見てたら引き込まれたってやつ

今回はそんな映画が多くありました





175301_02.jpg





「ワンダー 君は太陽」 アメリカでベストセラーになった本の映画化だそうです
障害を持って産まれた、心の綺麗な少年と その周りの人達のお話

目に見える障害があると、何かと苦労があるけれど 
家族や友達の繋がりは深くなる 一緒に乗り越えようとするからだと思います
それを考えたら、障害を持ってることは 不便かもしれないけど不幸じゃないですね









139671_01.jpg





「NY東8番街の奇跡」 古い映画で、CGが普通の時代じゃないから
宇宙人を使った映画としては 安っぽい仕上がりですが(^^;)
その辺を期待しなければ、分かりやすく 笑いがとれる映画だと思います

この頃の映画の宇宙人て、友好的だったよね ETとかさ
それがだんだん、地球を攻撃するタイプに変わってきた
想像の世界だから、友好的で楽しい方がいいのにな








134090 (2)




「マスカレードホテル」 東野圭吾原作の小説です
東野圭吾は好きで、本はほとんど読んでいる 映画化されてるものも多いです

またジャニーズ主演か~ と、思ったけど 話が面白いから これはキムタクじゃなくても
人気出たんじゃないかな (^^;)
ホテルが豪華で、どこのホテル使ったんだろう? 泊まってみたい!と探してみたら
都内にありました それもわりと近くに
映画ファン、キムタクファンが 押しかけたんだろうと、想像がつく
機会があれば、ゴハンくらいは食べてみたいかな








8100 (2)




「アジャストメント」 マットデイモンなのに、スマートなアクションがなくて
苦手なSFチックな話で、もういいや・・・って感想

子供の頃に読んだ「モモ」って本のような、マトリックスの簡単バージョンのような
要は中途半端な映画だったと思います(^^;) 私はね





  1. 未分類
  2. | comment:0

病院の日 :: 2020/02/08(Sat)

今日は病院の日でした

年末にケガをしたデイジー、口内炎のラフ、トリミング予約のナナを連れて





IMG_1178.jpg





デイジーはレントゲンを撮り、骨の様子を確認しました
痛みもなく、腫れもひいているので、少しずつお散歩しても良いとのこと
トリミングは3月に入ってからってことになりました

小さな身体で、カラーを付けてる姿が私の一番のストレスでした
ケガが治ってきた事より、少し前にカラーを外す許可が出たときの方が嬉しかった(笑)





IMG_1188.jpg





口内炎で、クリスマスに抜歯したラフは 以前に比べると痛がる回数は減りましたが
まだ時々痛むようで、食べたいけど 怖くて食べれないって様子だったので
今日は2週間効いているという、抗生剤の注射と 消炎剤の注射を打ってもらいました

固形物は痛いだろうと、AD缶とかちゅーるとか、とにかく口に入れて欲しくて
あれこれ与えてみてます
もともと痩せているから、液体で高栄養の物をラフだけにあげてみよう






IMG_1182.jpg




こちらは新しい子・・・ではなく、ナナです

トリマーさんもビックリな毛量で、私の手には負えなくなりました(--;)
この時期は静電気が凄いから、ブラシしても膨らむだけで ゴミを吸い寄せてしまう
抱っこもパチパチして出来ないほど

生粋のポメ飼いさんから見たら、邪道なのかもしれませんが
もうお手上げだったので(笑) 何しても可愛い顔だから似合うでしょ?←親ばか
園長も「タヌキみたいだな」と言いながら、気に入ってるようです(^^)

  1. 未分類
  2. | comment:0

クソガキー’s :: 2020/02/07(Fri)

先日、広場でボール遊びをして帰ろうとした際 ボールを持って逃げ回り
リードを付けさせないオレンジに「勝手にしなさい!」と怒って歩き始めたら
私を抜かして、道路に近づいたんですよ

その時、思わず出た言葉が・・・
「この クソガキがー!捨てるぞコラ!」
だったんですね~ (笑)





IMG_1172.jpg

↑ その時と同じ、悲しい目をするオレンジ




近くに人がいなくて良かった(^^;) 

以来、オレンジとキナリは クソガキコンビ と呼ばれるようになりました





IMG_1162.jpg





アメリとフルークも、こんな感じで育ってきました
どちらかが疲れて止めるまか、ヒートアップし過ぎて私かフルークに怒られるまで
ガウガウ、ワンプロ

オレンジは怒られる事を理解しているので、まだいい





IMG_1197_20200208202642a90.jpg





困ったちゃんは、クソガキ2 の キナリ君ですよ (--;)
8.4㎏だからね、抱っこしちゃえば良いんですけどね

こんな顔されたら、怒れないわ~ なんて甘いこと考えた途端に






IMG_1201.jpg





こちらの甘さに つけ込むように豹変します

加減を知らない、仔犬の歯で咬まれたら 流血ですよ(T_T)
想定内ですけどね、冬で良かった 長袖で良かった

そろそろオレンジがウチに来た月齢と同じになるキナリ いけないこと、危険なことを
教え始めようかな 





IMG_E1158.jpg





これまで叱られてきた、オトナ犬達は 私の怒鳴り声に反応して逃げ出します
特にビンゴは、走って逃げる(^^;)

あと数か月で、色んな分別が出来るようになると思うからさ
みんな我慢して付き合ってよ










  1. 未分類
  2. | comment:0

庇いあい :: 2020/02/01(Sat)

犬11頭、猫8匹もいたらね ちょいちょい、もめ事も起こります
事故にならないよう目を光らせているわけですが、それでもケガする子がいたり
「あ、血が出てる」なんて事があります



IMG_0831.jpg





ふざけているうちに、力が入ってしまうとか あたり所が悪いとか
本気じゃなければ、大怪我に発展することは滅多にありませんが
現在のメンバーには年齢差、体格差 という大きな壁があるわけで・・・











本気でやるなよ~と、見ている中で かばい合う姿を目にすると
気持ちが暖かくなります(^^)

↑これは、ピンキーがオレンジに 「キナリは赤ちゃんだから加減しなさい!」と
言いに行ったところ





IMG_0456_2020020113234707c.jpg





犬同士だけじゃないですよ、日向ぼっこしてるエビスに絡むちびっ子たちを止めたのは





IMG_0127.jpg




我が家のヒーロー ビンゴです!

ビンゴは私よりちゃんと見てるかもしれない 以前はアイビーVSピンキーを
何度も止めたし、フルーク兄ちゃんの機嫌を損ねそうな態度をする子には
「危ないから!お兄ちゃん本気だから!」と身体を張って止めに入る






IMG_E0490.jpg





こんな顔して、本気咬みしますからね (^^;) ウチのお兄ちゃん

あ、フルークだってビンゴを助けようと出てくることもあるんですよ
大きくなったオレンジVSビンゴのワンプロが、ヒートアップしてくると
唸り声をあげて、オレンジを威嚇するのです
もちろんオレンジは意気消沈、守ってもらったビンゴはドヤ顔ですよ(笑)

犬は群れで暮らす動物なんだな・・・と、こんな日々のかばい合いでも知らされます


  1. 未分類
  2. | comment:0