ギリギリセーフ!

2019/07/26 Fri 18:27

私が保護犬の里親探しをしているのを知って、声をかけてくれる方がいます
今回も飼うなら保護犬、15キロ未満の雑種の女の子を希望 とご相談頂きました

お付き合いのある保護団体、いくつかに問い合わせたところ
あと数分で決めなければ、処分場送り!という子がいました
処分前提の子なので、写真も撮らせてもらえず
これじゃあ、里親さんに紹介できないだろう・・・と思ったけど
ここで私が「写真無いならダメだわ」って言ったら、その子は殺されてしまう・・・

TAMA 「分かりました、出してください」
現地Yさん「姉妹でいるんですけど・・・」  Σ(゚д゚lll)
TAMA 「イイです・・・2頭でも・・なんとかします・・・」
現地Yさん「ありがとうございます!明日送ります」









で、羽田空港にやってきたのが、この子 ↑

レスキューの現場で動いている方々は、本当に忙しくて連絡も必要事項だけ
どんな子が来るか、何頭来るか、も分かったのは私が羽田に向かう直前でした
姉妹の1頭は、他で決まったそうです 良かった(^^) 私も助かった

里親希望者様に状況を説明したところ、緊急家族会議を開いて下さり
「写真なくてもイイです、その子をお願いします」と、お返事を頂きました
なかなかいないよね・・・そんな決断出来る人 





IMG_6753.jpg




野犬だから、人には懐いていない、年齢も定かではない、性格だって分からない
どんなトラウマを持ってるとか、病気があるとか、知りたいことは山ほどあるだろう
でも、そんな事言ってられないのが現状
噛み付くとか、不治の病を持ってるとかだったら、自分が引き受けようという覚悟も必要
間に入って紹介する以上、その責任はあると思ってますので

だけどこの子は、初めてだらけの事に固まることはあるけど 攻撃性はない
明日のお届けなので、数日しか一緒にいないけど
お風呂も入ったし、サークルの中のベッドで大人しく過ごしている
首輪だって嫌がる様子はない 





IMG_6768.jpg





最初は床に置いたオヤツしか食べられなかったけど、手から食べてくれるようになった
身体のどこを触っても嫌がらないし、人間を信じようと一生懸命なんだと思う
お腹は出産の後なのか、おっぱいが少し張ってる
ガリガリに痩せた身体には、小さな傷がいっぱいある 
過酷な環境の中一生懸命生きてきたんだね

少し心を開いてくれて、甘えたい素振りをするのだけど甘え方が分からず
目を細めて、尻尾をブンブン振ってる健気な姿を見ると 
あの時の決断は間違ってなかったと、心から思える





IMG_6778.jpg




里親様がつけてくれた名前は「もも」 賢いからすぐ覚えるだろうな
今日までの事は全部忘れて、本当のお母さんにいっぱい甘えるといい
今まで辛かった分、取り戻してプラスになるくらい幸せにしてもらいなさい
明日、本当の家族に会えるよ(^^) 大丈夫だからね、もも

そうやって話しかけながら、明日送り出します
淋しいけど・・・台風だけど・・・(ーー;)







未分類 | コメント(2)
コメント
そもそも、TAMAさんにわんこの紹介依頼してくる時点で覚悟のある方だと思うけど(^^)。
ただご家族の意見もあるだろうし、ご家族みんな同じ温度で迎えてもらえたら嬉しいね。
この子の表情がたまらない〜。
うんとうんと幸せになれ〜〜。
★ちゃちゃさん
写真も見ずに、決めてくれた時点で
わたし的にはOK!
まぁ可愛がってくれそうなご家族で、
絶対太るわ、モモちゃん(^^)
処分日が決まっていた子こそ、本当のレスキュー
だなぁと感じました

管理者のみに表示