モネの生涯

2009/09/10 Thu 16:07

この度は、たくさんのメッセージありがとうございます。
9日、モネは心身共にロッキーの所へ旅立ちました。

DSCN4666.jpg

14年前の7月、当時1歳のロッキー・♂の妹としてモネを迎えました。
生まれつき尿管に異常があり、モネの異変に気づいた私は
ブリーダーに相談しました。 
すると「他の犬と交換してやる」との返答に怒り心頭。
「ふざけるな!」と大抗議。結果、成功率の低い手術を
受けさせることにしました。手術は無事成功しましたが、
無神経な人達は、モネのことを「長生きしないだろう」と言いました。
「ばーか、絶対長生きさせるわ!」と、モネを守っていく決意をしました。
思えば、この頃モネのことで周りとケンカばかりしてたな・・・

DSCN4673.jpg

優しいロッキーは、モネの面倒を良く見てくれました。
モネはロッキーの後をついてまわり、色々な事を覚えました。
躾をしたという記憶がないくらい、ロッキーを真似て
真っ直ぐで、気の強い、無鉄砲な女の子に育ちました(^^;)
海、川、山、ドッグラン、バーベキュー・・・
その為に乗り換えた4WDで、何処にでも連れて行きました。
2頭連れは大変だけど、喜ぶ顔が見られれば良かった。

モネが3歳くらいになった頃、私は1ヶ月ほど
都内の病院に入院しました。そして退院後、モネを見て絶句・・・
倍の大きさになってる・・・しかも横に・・・
この頃からモネは痩せた事がなかったな、ダイエットは父ちゃんの
妨害により、結局一度も成功しなかった(--;)

DSCN4676.jpg

モネが5歳になった年、ロッキーが病気で急逝しました。
モネの悲しみは深く、亡くなったロッキーの側を離れようとせず
目や口を一生懸命、舐めていました。
毎朝、ロッキーの目やにを取ってあげるのが、日課だったから
そうすれば、目を開けてくれると思っていたのかもしれません。
お散歩に出かければ「ロッキーは?」と聞かれ、その言葉に
反応したモネが、ロッキーの姿を探す・・・
あまりにも必死な様子に、真っ暗になった土手を泣きながら歩きました
フードファイター・モネが、初めてゴハンを食べなかったのも
この時が初めてです。

モネの様子を見兼ねて、迎えたのがハイパー犬、アロー。
他の犬を受け入れようとしなかったモネは、
チョロチョロするアローが、あまりにも鬱陶しかったのか
一度噛み付いて、アローが鼻血を出したこともあります。
以来、アローにとってモネは「絶対」になりました。

P4260008.jpg

運動量は充分でしたが、父ちゃんの甘やかし方がハンパではなく
グングン太っていくモネ・・・とうとう後足の指を披露骨折(--;)
猛烈に頭にきて、親子喧嘩勃発。

骨折が治った頃、都合で川崎市に引っ越す事になりました。
悩むことなくモネ・アローそして、初めて迎えた親子猫ジュラ・ノアも
連れて行きました。
ここでは、駒沢公園・多摩川・お台場・などにデビュー♪
でもモネが好きなのは、やっぱりキレイな川で泳ぐことだったね。

P8130079.jpg

ノアが突然虹の橋へ行ってしまい、ナッツ・ヒヨが家族に加わり
同時に横浜への引越し、そしてラフも、ジャムもやって来ました。
急に増えた小さな家族も、坂や階段が多く、泳げる川のないこの街も、
老犬となったモネには、負担だったのかもしれません。
体調を崩してしまい、悩んだ挙句、モネが生まれ育った 
静岡に戻すことを決めました。
父ちゃんと一緒に、お姫様生活の始まりです。
そんな生活を、一番喜んだのは父だったと思います。

お休みには必ず会いに行き、清里や朝霧の高原、雪の長野、
富士山、伊豆の海・・・たくさん旅行をしました。
老犬になっても、元気にはしゃぐモネを見るのが
何よりも嬉しかったから。

DSCN4674.jpg

ところが今度は父が体調不良で、モネの面倒を満足に見れない
状態になってしまい、不安もありましたがモネを横浜に
連れ戻しました。止む終えない事情を、頭の良いモネは
理解していたようです。更に増えていた家族もすんなり受け入れ
辛かったであろう階段も克服し、こちらの生活に馴染んでくれました。
頑張り屋さんのモネに、用意した介護ベルトは使わずじまいです。

お散歩友達が、14歳のモネを見て驚き、羨ましがりました。
優しい顔だと、誉められました。
犬を飼っていれば皆、モネのように元気で長生きして欲しいに
決まってるんだから(^^)
そして報告した院長も驚いた、奇跡のような最期・・・

P8160002.jpg

14年前に出会った仔犬は、ふわっふわの天使でした。
その羽を広げて、たくさんの思い出と一緒に、大好きな大好きな
ロッキーの所へ行ったと思うと、淋しいけど「良かったね」
って気持ちです。モネが一番好きだったのは、私ではなく
ロッキーだったから。「ロッキーの分まで長生きだよ」って
約束をきっちりと果たし、穏やかな眠りにつきました。

これで家族を送るのは3回目ですが、こんな気持ちで
送り出してやれるのは初めてです。
最期まで自慢の娘でした。

長文、読んでくださってありがとうございました。

未分類 | コメント(9)
コメント
是までも、中々 、行けず、、、でも 園に行けば皆の奥で、いらっしゃい ノンビリしてきな、、みたい、に迎えてくれたモネ姉さん、是からも、お邪魔するけど、よろしくね。R.I.P 
いろいろあるのが人(犬)生。
その方がきっと思い出も盛り沢山になるから、カミサマがそうしてくれてるんだと思う。
きっとモネちゃん、今頃ロッキーに盛り沢山な報告してるでしょう(^^)。
こっちも負けずに思い出話、沢山しようね。
お父さんとモネちゃんの写真すごくいいね。どちらも幸せそうなお顔。
小さなモネちゃんも、お花頭にのっけて笑ってるモネちゃんも、、、
TAMAさん、TAMAさんのもとにきたコがモネちゃんで良かったね。
モネちゃん本当に幸せな犬生だったね。
TAMAさんがモネちゃんの思い出話してるように
モネちゃんもロッキーちゃんと久しぶりに再会して
昔話をして笑ってるんだろうね♪
これからはモネちゃんも一緒に
TAMAさんたち一家を天国から見守ってくれます。
★marちゃん
モネが、ここの「影の園長」だからね(^^;)
何だかんだ言っても、家族がどれだけ増えても
モネの地位は揺らぎませんでした。
さすがでしょ(^m^)

★ちゃちゃさん
ロッキーも嫌がるほど、付きまとってる姿が
目に浮かびます。
ジュラが「アローとじゃ、トップ会談にならない」と
不満を漏らしていますが・・・

★ミーヨさん
あの写真は、知り合いのカメラマンが撮ってくれたの。
あんな調子で、デレデレなんですよ。

★姉さん
もともと、夜型・インドアな私が
犬を飼い始めた事で、人生変わっちゃいました。
それが間違ってないことをモネが証明してくれた気がしてます。
この先もずっと犬猫に囲まれて暮らして行くんだと確信してます。
姉さんも同じだね(^^)
モネちゃんの一枚一枚の写真がとても可愛くて何度も見かえしてます。

私も我が家の子達が「幸せな犬生、猫生」だったって思ってくれるよう今を大切に大切にしていきたい。。。って改めて感じたよ。

モネちゃん。ありがとね。
やまちゃんも明日で11才になるんだ^^
★よしさん
やまちゃん、おめでとう!
いろんな事を乗り越えて、頑張ってくれてるよね(^^)
その頑張りは、間違いなくよしさん達を支えてます。
応えてあげられる飼い主にならなきゃね!
モネちゃんの物語 読ませて頂きました。
ありがとう。
★なべさなさん
話したら一晩では足りないほど、
思い出はたくさんあります。
どれも笑って話せるのは、モネのおかげです。

管理者のみに表示
« 至って普通 | HOME | 大往生 »