Dog nap

ゴールデンレトリバーを軸に 保護犬保護猫と暮らしています




映画備忘録11 :: 2020/02/19(Wed)

寒かったり、暑かったりすると 出かけるのが嫌で
本を読んだり 映画を見たりする時間が増えるのかもしれない

最近ハイペースで映画を見てます
本はね、今年100冊読もう!と目標を立て記録してますが、まだ9冊・・・





img_695b2e018b3343d90dc1e25cc83c62c01533729.jpg




「タクシー運転手 約束は海を越えて」 1980年に韓国で起こった 光州事件の実話
カッコいい人なんか、一人も出てないところが 実話っぽくて良い

事件を世界に伝えた ドイツ人記者と、彼を乗せて事件を目の当たりにした
タクシードライバーの話なんだけど 最後にドイツ人記者本人が出てきて
「会いたい」と呼びかける でもこの時のタクシードライバーは、結局名乗り出なかった
二人は再開することなく 記者は亡くなったそうです 

映画みたいな、感動的な再開はないです 実話ですから







8100 (1)





数々のショーをとった 「ムーンライト」 も 恐怖映画としてアメリカでは人気だったという
「IT それが見えたら終わり」 も 島国日本の私には理解できなかった

黒人の貧しく危険な生活も身近には感じられないし、知らないことも多い
それにピエロって怖い?どんな役であっても、見た目ピエロだよ?! 顔塗ってるんだよ?
私はやっぱり、日本のお面の方が怖いと思うな 
ナイフ持って追いかけてくるピエロより、呪いとか祟りとかの方が不気味で嫌
逃げられない気がする アメリカの恐怖のツボが分からない







134090 (1)





ジョントラボルタが、環境汚染で犠牲を出した 企業を相手に立ち上がる弁護士を演じる
「シビル・アクション」 この弁護士のモデルは実在するみたい

ジョン・トラボルタって、何に出てきても 「サタデーナイトフィーバー」のイメージが強すぎて
「ダサかったな・・・あれ」って印象で終わっちゃう(^^;) すいません、こんな感想で










158560_02.jpg




「ミッドナイト イン パリ」 面白かった(^^)
パリってどんな時代でも絵になるんだな 芸術の街って本当だなって思った

1920年にタイムスリップして、ヘミングウエイやピカソが出てきたり
もっと前の時代にも行って、ロートレックやダリが出てきたり(笑)
どの時代の登場人物も「昔は良かった」と思っている その時代に生まれたかったと言う
私が昭和を懐かしむのと同じかな(笑) それより前は嫌だよ、戦争ばっかりで貧しくて
犬や猫と一緒に暮らせない時代は嫌だ ←結局そこ




  1. 未分類
  2. | comment:0
<<じゅらママ | top | キナリ3ヶ月>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する