Dog nap

ゴールデンレトリバーを軸に 保護犬保護猫と暮らしています




里親様決定しました :: 2023/03/12(Sun)

某センターより保護した3兄弟。それぞれ里親様が決まりました。

あまりにもビビリで、人がいるとサークルの隅に固まっているので
同じような写真しか撮れず、動いている姿も見たことないような状態でしたが
それらを理解して下さる方が見つかったのです。







仔犬とはいえ微妙なサイズだし、とにかく人間が怖い子達。
やっとの思いで生きてきたのでしょう。

お母さんに教えられたであろう、人間に近づいてはいけない、声を出してはいけない
気配を消して生きなくてはいけない、を、頑なに守っている仔犬たち。




IMG_2492.jpg




これは、長くなるかな・・・と覚悟していました。
それならそれでもいいや、って腹をくくって。

ところが、「以前飼っていた子に似ている、是非会ってみたい」とお問い合わせが!
しかも里親募集サイトに投稿して早々に。
もちろん、人馴れしていないこと、怖いと口が出ることなど、マイナス面を強調して
お話したのですが、それを乗り越えて会いたいと仰ってくださいました(T_T)

ぬか喜びにならぬよう、会ったらダメかも。断られるかも。って思うようにしてましたが
いらした里親希望者様は、固まっているだけの犬を見て「可愛い、可愛い」「大丈夫だよ」と
ゆっくり近づき、身体を撫でてくれました。




IMG_2556.jpg

↑ 新しい名前は「リッカ君」


先代の子の写真が、お父さんの携帯にたくさんありました。
真っ白で本当に似ていました。
名前はお父さんの好きな飛行機からとって「キッカ君」だったそうです。
その子もセンターから譲り受けたそうで、今は猫ちゃんの先輩がいるご家庭。
断る理由が見つかりませんでした。

準備をしたいとのことで、1週間後にお届けしましたが広いサークルをリビングに
置いて下さり、海も近く、静かな環境のお宅です。
オモチャもリードもオヤツも、新しい名前も、全て用意して待っていて下さいました。




IMG_2542.jpg

↑ 新しい名前は「春ちゃん」


こちらも先代の子は、黒い子で他県のセンターから来た子だったそうです。
やはりよく似ていました。私もきっとビンゴ柄の子がいたら放っておけないから
似た子を探す気持ちが分かります。
その気持ちがある方は、間違いない里親さんなんじゃないかな。

家から車で15分くらいのタワーマンションにお住まいで、お留守番の時間もなく
逃走するにも、ここからは逃げられないだろうと思われます。
リビングにはサークル、テント、オモチャ箱・・・立派な「犬部屋」になってました。
一緒に暮らすお姉ちゃん犬もいます。




IMG_2612.jpg

↑ 新しい名前は「バディ君」



寄り添いあっていた2頭がいなくなり、この子への良い問い合わせもなく
淋しいだろうな・・・と心配していましたが、ちゃんといましたよ、この子にも
理解のある里親希望者さんが(^^)

こちらも以前飼っていたのは、保健所からの保護犬で
18歳まで生きてくれたそうです。次に飼う子も保護犬と決めていて
ご主人がテレワークとなる4月にお届けが決まりました。
少し先の話なので、「その頃にはもっと大きくなってるよ?」って言ってみたら
「全然!成犬でもいいくらいです」とのこと。
お宅訪問はまだしていませんが、先の2件同様、大丈夫だろうと思っています。


3頭それぞれの希望者様に共通しているのは、ご夫婦二人暮らし、
先代犬に似ている、以前も保護犬を飼っていた、という点です。
口が出る事があるので、お子さんのいる家庭は難しいかと思っていたから
「ホントに?!」って感じるほどの共通点があり、最初に電話でお話してみて
「大丈夫だな」って直感しました。

兄弟犬の事も気になるから・・・とLINEグループを作って近況を報告しあってます。
戻ってくることはないですね。(今までもないけど)




IMG_2635.jpg



淋しいだろうと、家の犬達と同室にしてみたら、2日でこうなった(^^;)
遊んでくれそうな子が分かるのか、オレンジとキナリにちょっかいを出す。
私が近づくと、サークルに逃げ込むけど・・・犬には慣れましたよ。

いつも保護っ子が来ると、群れの力に驚かされる。
安全だということを教えてくれてるのだろう。

オーちゃん、私も安全だってこと、教えてくれない?
怒ると怖いとか、余計なことは言わなくていーから!



  1. 未分類
  2. | comment:0
<<保護活動の基 | top | ゴル孝行>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する