でかおの話

2012/05/22 Tue 20:00

動物に関するブログやHPはたくさんあって、その中には厳しい現実とか
悲惨な状況を伝えるものも多い。

3.jpg

見ないフリはしないけど、間違った情報もたくさんあるなと感じる。
私はそんな聞いただけの情報を文章にしたり、人に伝えたり出来ないから
なるべく見てくれる人が楽しんでくれるように、犬や猫との生活がこんなにも
楽しいって感じてくれるように書いてきたつもり。


2.jpg

「明日もいっしょにおきようね」は捨てられた猫、でかおのお話。
書いたのは犬ブログで有名な富士丸の父ちゃん、穴澤賢さん。
可哀想な話は、誰だって聞きたくないし見たくないけど
これはふんわりと読める絵本。とても知って欲しい事が書いてある。


__.jpg

絵を担当した、竹脇麻衣さんがTwitterで返信をくれた事と
なるとを可愛いって言ってくれて、嬉しかったこともあり、
新宿伊勢丹で開催中の、個展を見に行って来ました。

大半が猫の絵で、小さな絵から大きな絵まで。絵本の原画もありました。
電車も新宿の街も混んでいて、行くまではザラザラした気分だったけど
そのスペースだけは違った空気が流れてて、椅子でもあったら
何時間でも滞在してしまいそう(^^;) ←とても迷惑


P1080088.jpg

犬猫を迎えようと思ったとき、色んな選択肢があり1匹でも多くの命を救おうと
毎日頑張っている人達がいるって事を思い出して欲しい。

「ダメダメ~可哀想でムリ~」とか言ってんじゃねーぞ!ってね・・・
ホントは言いたいの、言っちゃったけど。
未分類 | コメント(7)
コメント
No title
今日、アマゾンで頼んだ本が届いたばっかり。
他にも読めてない本がたくさんあるから2冊にしぼったのよ・・・この絵本も悩んでやめちゃったの。
本屋さんにあるかな?
No title
動物と接するというのは、思った以上にいろんな側面がありますね。

我が家、ほんとにゴールデン大好きで飼い始めたんですが、ブログをみているうちに、保護犬や里親の話、虐待の話まで様々な話を聞きました。

でも原点は、犬やネコがすき。
一緒に暮らしたいからですよね。

動物に関する本や絵本、写真集なんかも大好きです。

TAMAさんお勧めの本、読んでみたいですね。
No title
でかお・・・インパクトあるね。
こういう本は、大人にももちろん読んでもらいたいけど
これから大人になる子供に読んであげたいよね。
No title
これ、すごくよかったーっ。TAMAさん、ありがとっ。
せつないお話なのに竹脇さんのイラストがほんわかしてて、目をそらさずにちゃぁんと読める。
これなら子供たちにも読み聞かせることができるよね。
そんでもっていろんな疑問を問いかけてくるでしょう。
その時、大人たちはどう答えればいいんだろ?
無責任な大人は心して読めっ!と言いたい。
ま、無責任な輩はこういうのを読まないんだろうけど(-_-;)。
No title
★はなひめさくらさん
私は近所を数軒さがして、なかったので結局アマゾン。
竹脇さんも、数匹の猫を飼われているせいか、
絵が可愛いの♪オススメですよ。



★サラパパさん
動物に関する暗いニュースを目にすると、更に現実を
遠ざけてしまう人もいるでしょう。
それってマイナスですよね、この絵本はそのショックを
和らげながら、伝わるものがあると思います。
「お涙頂戴」的なブログは苦手なんですよ(^^;)


★なべさなさん
子供の方が分かってるからね。
犬や猫に優しく=弱い者に優しくって幼稚園でも
習うのに、出来ないオトナが多すぎます。



★ちゃちゃさん
そうでしょ、そうでしょ♪
まず、絵が好きなタイプなの。富士丸の頃から
穴澤さんのブログは読んでて、大吉くんの成長を
今も見てるから、どんな本を書いたのか興味があったし。

>ま、無責任な輩はこういうのを読まないんだろうけど(-_-;)。

それが一番の難題なんだよねぇ・・・
No title
無責任に子犬&子猫を紹介してるテレビでこういうのを取り上げてくれればなぁ。
穴澤さんのブログ、最近ご無沙汰でした。
またのぞいてみよう。
この本、買ってみようかな。
「家族なのに」ご存知?
命ある生き物、心もあるんですけどねぇ。
No title
★JINさん
本当ですよね、なんでも事実を隠せばいいってもんじゃないです。
大吉君という新しい相棒と暮らしてますよ、穴澤さん。
どーみても、ゴルの血が入った子です(^^;)

「家族なのに」YouTubuで見ました。
子供が生まれて犬棄てちゃうってやつでしょ、
許せない現実ですね。

管理者のみに表示
« 桃沢川 | HOME | 三社祭 »