老犬のススメ

2016/01/30 Sat 21:27

ホーリーくん、まだ我が家に来てから2週間しか経っていませんが
「我が道を行く」タイプなようで、すんなり皆と混ざってます。
関わろうとしない事が、受けいられるコツだと知っているかのよう。













年の功ですか? さすがですね、ホーリーさん。

正直、こんなに手がかからないとは思っていませんでした。嬉しい誤算です。
暫くはケージ暮らしかな?とか、慣れるまで鳴くかな?とか生活の不安、
体調の不安、性格の不安もありましたが、難なくクリアしてくれました。






021_20160130205242d60.jpg





最近、高齢犬の放棄なんかが多い気がします。飼い主が先に死んじゃったりとかして
老犬・老猫が遺されてしまうというパターンもあるし。

動物の寿命を考え、自身の体力などを考えたら、
仔犬・仔猫を受け入れられるのは40代までですかね(わたし的には)
自分が亡き後、任せられる人もいないわけだし。





003_201601302052394f2.jpg




そんな風に考えると、今後迎えるとしたら・・・ホーリーみたいな老犬がイイのかな。
一緒に「腰が痛いねぇ」だとか「寒いからおウチにいようね」なんて言いながら過ごす相棒。

いつまでもたくさんの犬や猫を抱え、今のような生活ができるわけじゃない。
だから今しか出来ない頭数で暮らしたい。
でも、仔犬、仔猫がわんさかいるっつーのは無理(^^;)



ブログを読んでくださっている、同年代の皆さん!老犬、オススメですよ~(^^)
邪魔にならない存在感、老犬ならではの落ち着き、頑固さも、
小さな事に拘らないとこも・・・と、ホーリーが教えてくれました。




未分類 | コメント(2)
コメント
老犬の、もうそこに飄々としていてくれるだけでいいのよ〜...な存在感はたまらないよね(^^)。
家も、自分の年考えたら子猫増やしてる場合じゃないだろー?の状況でめるを迎えちゃったから、女王さまとアンチエイジング頑張らなきゃー。寒い季節に滅法強い女王さま、最近めるとよく遊んでるよ。
No title
★ちゃちゃさん
ちゃちゃさんは、健康的な生活してちゃんとしたモノ食べてるじゃん。
私はこれっぽっちも気をつけてないからさ(^^;)
もうね、あのたくさんの子育ては・・・自信ないかな。
楽しいけどね(^^)

管理者のみに表示